お金

知られざる投資マンションや不動産投資|約束された成功への道

信頼性の高い公務員

公務員の不動産投資は問題ない

お金

不動産投資を行うときに公務員であることは与信の面において非常に有利です。金利が安くなったり、借入可能額が普通よりも多くとれたり、普通のサラリーマンと比べると有利な点が多いです。 不動産投資は地方公務員法に則ったものです。そのため安心して不動産投資に取り組んで大丈夫です。たとえ職場の誰かに知られたところで、ルールさえ守っていれば行政上の処分や不利益は全くないということです。もちろん、確定申告や税金の支払いをきちんと行っていることが大前提です。 また、公務員であると銀行など金融機関に対する信頼が厚いので、簡単に比較的多くの融資が低利率で借りられることが多いです。でも、カードローンなどを抱えていないことが条件なのは言うまでもないと思います。

社会人の資産運用の手段の一つ

不動産投資は公務員だけではありません。社会人であれば毎月の給料のほかに副収入を持ちたいと考えると思います。実際に不動産投資物件を購入するにあたり頭金が必ず必要という訳ではありませんが、あればそれを元手に毎月の副収入ないしはキャッシュフローへつながります。 実際、公務員は5棟10室の基準を超えて物件を持つと違犯になりますので、公務員が不動産投資を行う上でアパートの管理は不動産業者に委託しさえすれば5棟10室の基準を超えたとしても問題はないので注意が必要です。 たとえあなたが公務員でリストラはないとしても、年金や退職金を過度に期待しすぎることなく、不動産投資などの資産運用を行い老後の人生に備えることは大切です。