お金

知られざる投資マンションや不動産投資|約束された成功への道

検索結果を知る

都市綜研インベストバンク、噂と検索すると

案内

言葉を検索して一番最初に2チャンネルの掲示板が出てくるのは少し珍しい感じがした。 そのサイトはクリックしないで、3番目か4番目に出てきた都市綜研インベストバンクの噂は本当だろうかという内容のサイトを調べてみた。 この企業は「みんなで大屋さん」という名前でファンドを募集する不動産ファンドとわかった。その都市綜研インベストバンクという会社は、平成24年5月の立ち入り調査で前年の貸借対照表で約32億円の資産過大評価計上となっていることがわかった。それにより不動産特定事業にかかる全ての事業が業務停止の命令がくだされた。これによりネットに破綻するのかという噂がひろまったのである。

資産約32億円過大評価という不安

都市綜研インベストバンクとのみネットで検索をしたところ、この会社が一番上位で検索にかかるということはなかった。やはり一番上にきたのは、2チャンネルの掲示板で「みんなで大屋さん」は破たんしてしまうのかというものだった。都市綜研インベストバンクという社名よりも「みんなで大屋さん」というほうが知られているようである。32億円の資産過大評価がわかった時点で60日間の業務が停止されたのである。ネットの噂はひとたび放たれたら大きな渦となっていく心配がある。都市綜研インベストバンクの不安があるとすればその不安を抱えているのはまさに投資をした顧客である。ネット上で噂をしているつまりカキコをしている者は噂に加担して投資そのものはしていない者であると思う。破たんするかもという中で当事者はカキコなどしている心境ではないだろうから。でも、反対に都市綜研インベストバンクへの投資の仕方などというサイトも現実に存在していた。投資にリスクもあるのだから安易にうまい話にはのらないほうがいい。また無責任な噂にひっかからないことである。